スマートフォンサイトへ

椎間板ヘルニアでも普通の生活を手に入れる


こんにちは。東葉コンディショニングの加賀谷です。


ヘルニアのお尻付近から足に掛けての猛烈な
「痛み」や「痺れ」
は突然やってきます。

少し前までは普通に歩いていた自分が嘘のように、
まともに立っていられなくなることに・・・

当院には、「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された方がたくさん
来院されています。
中には、家族の方に抱えられながら来院
される方や、数ヶ月会社を休職しているという方もいます。

想像もしていなかった痛みと身体に起こる不自由さに

「このまま歩けなくなるのではないか?」
「いつまでこの痛みやシビレが続くのだろうか?」

と、不安や焦りが募ると思います。

加賀谷総院長

自身の腰痛経験から
痛みと向き合う整体院
東葉コンディショニング
を開院。

私自身、学生時代激しい腰痛と闘いながら野球を続けていた経験があり
それが、整体師という職業を選択するきっかけになりました。

あの辛い痛みは、2度と経験したくありません。
私が「腰椎椎間板ヘルニア専門ページ」を作成したのも、過去の自分と同じように
腰痛で苦しんでいる方たち
に少しでも希望を持って欲しかったからです。


まずは、ヘルニアの正しい知識を身につけて、対処法を見つけ出していきましょう。

「まさか自分がなるとは思っていなかった」
「まさかここまで症状が重いものとは思ってもみなかった」

といった「想定外」の状態にお悩みの方も、このページを一読してみてください。

きっと、お力になれると思います。



私自身が腰痛で苦しんだ経験、今、整体師として多くの
腰椎椎間板ヘルニアで苦しんでいる方の施術をしている経験から


・不調者さん自身がきちんと現状を受け入れること
・施術に専念すること
・腰痛の原因になった生活習慣を改善すること


をしていけば、症状が改善されるケースが多いです。

必要以上に椎間板ヘルニアに悩んだりせず、
前向きな気持ちで立ち向かっていって欲しいと思います

実際に当院へ来院するヘルニアに苦しむ方々の多くは、
今ではヘルニアになる前の普通の生活を手に
入れています。

暮らしの中にほんの少しの気配りを入れてあげる事によってヘルニアの
痛みや痺れを押さえ込み、
以前と遜色の無い生活を送ることは十分可能です。


まず、ヘルニアの意味はご存知でしょうか?

ドイツ語で「飛び出す」という意味です。
では次に、よく耳にする椎間板って何でしょう。

<椎間板とは?>

人間の背骨は小さな骨が数珠繋ぎになった集合体で、その骨が縦に繋がって
身体を支えています。
その骨同士が直接繋がっていると、骨が神経に触れてしまい、接触するたびに
身体には激痛が走ります。
ですので、骨と骨の間には衝撃を緩衝する役割をもった
クッション材が挟み込まれています。

そのゼリー状のクッション材を「椎間板」と呼んでいます。

椎間板ヘルニアは、腰に負担のかかるような姿勢や動作で椎間板(クッション)が
疲労したり、傷ついたりして中の髄核(クッションの芯)が飛び出してしまった状態を
言います。


<椎間板の強さ>

椎間板(背骨クッション)に一番大きな負荷が掛かるのは、座ったまま前屈みで
重い物を持ち上げようとする時で、500kgを超える負荷が掛かります。
しかし、椎間板の耐久力はとても強く、それにも負けません。

ただ、その耐久力も無限ではなく、疲労もしますし、限界というものもあります。
椎間板の耐久力を低下させる原因は、睡眠不足と体のゆがみと生活習慣。
これらが影響して椎間板は徐々に疲労困憊していき、疲れ果てた椎間板に、
ちょっとした過負荷が掛かったときに、 「パンッ」と大福の皮からアンコが
飛び出すかのように、椎間板から椎間板の芯(髄核)が脊椎に飛び出してしまいます。

<ヘルニア特有の痛み・痺れ>

飛び出した椎間板は神経の束に接触して、猛烈な痛みや痺れを引き起こします。
ヘルニアの特徴でもあるこのビリビリとした
痛みや痺れは一定の姿勢の時に起こり、
楽な姿勢だと全く痺れが走りません。

これは椎間板が神経に接触しているか、していないかの違いです。


【腰椎椎間板ヘルニアのよくある症状】
【腰椎椎間板ヘルニアのよくある症状】 ・腰の痛み
・体が自然と傾く
・お尻~太もも後側~ふくらはぎ~かかとのしびれや痛み 
・太もも外側~くるぶし~足の甲~足先へのしびれや痛み
・せきやくしゃみでも腰が痛む
・立っていたり、イスに腰掛けていたりするのが辛く、
横になっていると割と楽
(1)手術をしない保存療法が基本

まずは、痛みを軽くするため、消炎鎮痛剤(飲み薬や坐薬)が処方されます。
また、痛みがひどい時にはブロック療法(痛み止めの注射)が行われます。
その他に、ホットパックの温熱療法、機械による牽引療法、低周波の電気治療、
コルセットの補装具療法などがあります。
 
(2)手術をする場合は・・・

腰椎椎間板ヘルニアによって、
尿がたまった感覚がない、尿の出が悪い、尿がもれる、
あるいは便意がないなどの膀胱・直腸障害が現れたときや、
重度の下肢の神経障害があるときなどです。
飛び出した腰椎椎間板ヘルニアを取り出したり、椎間板内を減圧してヘルニアを
引っ込めたりします。

一般的に以上のような手術の方法がありますが、
これらは現れた症状を抑えたり、取り除いたりする対症療法です。
腰椎椎間板ヘルニアになってしまった本当の原因を治す根本療法ではないのです。
(ヘルニアは結果であって、原因ではない。)
根本的に改善し再発を防ぐためには、腰に負担をかけるような
生活習慣や痛みの原因になる体の歪みやねじれを改善する
必要があります。

(3)腰痛の他にこんな症状が出ていませんか?

1)微熱がつづいている。高熱がある。⇒化膿性脊椎炎、脊椎カリエスなど
2)おしっこが赤い。⇒泌尿器系疾患など
3)下腹部の痛みや生理時以外の出血がある。⇒婦人科疾患など
4)頻尿や排尿困難がある。⇒泌尿器疾患、腰部神経障害など
5)尿意、便意を感じない。⇒重度の腰部神経障害など

以上のような症状がある場合は、一度、病院での診察を受けて、
内科的疾患があるかどうかを確認してください。

もし他の病気があるとしても保存療法や経過観察などの状態ならば、
整体と併用することをオススメします。病気の時は体が歪んでいます。
体のバランスを整えることで、人間の本来持っている自然治癒力を
最大限引き出すことができます。

私達は日常生活の中で腰や背骨に負担のかかる「不自然な姿勢」を取る事が
少なくありません。

不自然な姿勢を取るという事は当然負担が体にかかり、筋肉に緊張が走ります。
その不自然な姿勢が継続的なものになると、筋肉の緊張も持続し、疲れ果てた筋肉は
疲労で働きが鈍くなります。


すると他の筋肉は動きが鈍くなった筋肉の代わりをしようとするのですが、
代替筋肉の負担は大きくなります。


そして代替筋肉もまた疲労してくると骨格へと影響が出始め、体のバランスが徐々に
歪んでくるのです。その結果、痺れや痛みなどが発生してしまうのです。



姿勢・生活習慣による体の歪み・ねじれ

↓

3.東葉コンディショニングにおける腰椎椎間板ヘルニアの施術の考え方・方針 腰椎椎間板への圧力増大

↓

3.東葉コンディショニングにおける腰椎椎間板ヘルニアの施術の考え方・方針 圧力に耐えられず、髄核が飛び出す

↓

3.東葉コンディショニングにおける腰椎椎間板ヘルニアの施術の考え方・方針 腰椎椎間板ヘルニア発症


  腰椎椎間板ヘルニアを根本的に解決するには、
  体の歪みを整えて椎間板全体に圧力が分散されるようにすることが大事です。
  つまり、
  体の歪みやねじれをとり生活習慣の改善をすることが根本療法と考えます。

  そうする事が腰椎椎間板ヘルニアの再発の防止にもなります。



 
椎間板ヘルニアの施術方法の一例です

当院の施術は気持ちよくゆらゆらされながら行う優しい手法です。

【背骨と骨盤の調整】 腰の緊張を取っているところ】
       
       ジワーっとストレッチをして、
       ゆらゆらゆらゆら・・・
       あっという間に骨盤の調整を
       行います。


     
     ゆらゆらと揺られてとても
     気持ちがよく、力がスーと
     抜けていきます。


【椎間板のストレッチ・仰向け状態】 【椎間板のストレッチ・座った状態】
       
       ヘルニアが影響していると思わ
       れる椎間板をゆっくりじんわりと
       ストレッチしながら無理なく
       広げていきます。

    
    仰向けになれない方などには
    座った状態で椎間板をストレッチ
    していきます。
【足の疲労を取っているところ】
      
      ヘルニアの方、腰痛持ちの方は
      足首の関節が固くなりがちです。
      足首の柔軟性を高めて、腰に
      掛かる負担を軽減します。




1)確かな技術

 まず、全身の筋緊張を弛めて体を自然な状態に近づけます。
 同時に、体の歪みやねじれをとって全身のバランスを整えていきます。
 そして、圧迫されている椎間板に対しストレッチをかけて、
 椎間板と椎間板の間を広げていきます。
 つまり、体全体のバランス改善と異常のある椎間板へのアプローチを行い、
 体を元の状態に戻していきます。

 当院では、痛みのある部分を押したり、揉んだり、叩いたり、
 ボキボキしたりは一切しません。
 なぜなら、痛いところに少しでも痛い施術をすれば、傷口が
 広がるだけだと考えているからです。
 ☆無痛でできるのが確かな技術の証明です。

2)生活での注意点

 ・睡眠は7時間以上とりましょう! その日の内(午前0時より前)に横になりましょう!
 ☆特に椎間板ヘルニアがある方は、少しでも横になる時間を増やして、椎間板に
  重力がかかる時間を減らしてあげましょう!
 
 椎間板を修復・再生するための血液が流れやすくなります。
 
 ・押したり、揉んだり、叩いたりしないようにしましょう!

 ・ぬるめのお湯に20分はつかり、体の疲労を取り除きましょう!


3)自宅で簡単にできるストレッチ
 ご自宅で簡単にできて、早く良くなる体操をお教えします!
 以下の点は、必ず守ってくださいね。

* 痛みのない範囲で!
   痛いことはなるべくしない方が、早く痛みが取れます。
   普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。
   我慢してやる必要はありません。

* 適度な回数で!
   たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。
   1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて
   1日数回に分けてやる方が、効果が高いです。

以上の点に気をつけて、無理のないようにしてみてください。

*当院では、早く良くなるために、その方の症状に合った体操をお教えしています。
  詳しくは担当の先生に聞いてみてくださいね!




【簡単!骨盤の歪みを自分で矯正する体操】


   1.イスに座って、かかとを揃えます。
   
  *高すぎず、低すぎず、ヒザが
    大体90度くらいに曲がるイス
    が良いです。


   2.ヒザのお皿に指を当てて、
     左右のでっぱりを比べます。

   3.短くなっている方の足(左上図
     では右足側)を上にして、足を
     組みます。

     ひざに手をのせて、
     左右に10~20回くらい
     揺らします。


   4.最初のようにかかとを揃え、
      左右のヒザのでっぱりを比べます。
     
      揃っている場合は、ここまで!

*まだ短い場合、1~3をもう一度やって確認してください。
長くやればやるほど良い訳ではないので、揃いにくい人は
時間を30分以上あけて、1日に3~5回やっていると
揃いやすくなってきますよ。



【椎間板を広げる体操】
 *上記の体操で骨盤の歪みを揃えてから、椎間板を広げる体操を
   しましょう!

   【ポイント】椎間板を広げる体操なので、じわーっと伸ばす感じで行い、
   終わるときもじわーっとゆっくり戻しましょう!

 
   1.仰向けになり、痛みやつっぱりがない
     範囲でヒザを抱えます。
     
     前後に10回小さく揺らす。
     左右にも10回小さく揺らす。

 
   2.痛くなければもう少し深くヒザを抱えます。

     1と同様に前後・左右に10回ずつ揺らす。

 
   3.痛くなければ更に深くヒザを抱えます。

     1と同様に前後・左右に10回ずつ揺らす。
     終わったら、ゆ~っくりと足を下ろし
     仰向けに戻ります。


 
*実施においては無理をせず個人の責任の元に行ってください。
万一不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。





Q1:腰椎椎間板ヘルニアは、どうして腰椎4番・5番に症状が多いのですか?

A:
それは、人間の骨の構造に関係があります。

腰椎4番・5番はちょうど、腰が前に湾曲しているところと
骨盤(仙骨)の後ろに湾曲するところの境目にあたります。

まっすぐに立っていても約30度前下方に傾いています。

そのため、腰椎4番・5番には絶えず前方に
すべり落ちるような力がかかっています。

腰を反らすような姿勢や猫背、背中を丸めて
イスにかける姿勢などで背骨のバランスが崩れると、
構造的に負担がかかっている腰椎4番・5番付近に
腰椎椎間板ヘルニアが起こりやすいのです。
5.腰椎椎間板ヘルニアの豆知識

Q2:どんな人に起こりやすいの?

A:
20~60代に多く、スポーツ選手などは10代でも発症することがあります。

職業は、長く同じ姿勢でいるデスクワークの方、トラックやタクシーの運転手さん、
腰に負担のかかる看護師、介護をしている人、仕事で重い物をもつ方などに
起こりやすいです。

育児で腰に負担のかかるママさんにもみられます。

Q3:飛び出した腰椎椎間板ヘルニアをそのままにしたらどうなるのですか?

A:
数ヶ月から半年位の内に腰椎椎間板ヘルニアが縮小・消失する場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアが残っていても、その後、痛みが出なくなるケースも多いです。

Q4:ストレスと腰椎椎間板ヘルニアは関係ありますか?

A:
職場や家庭での人間関係の悩み、仕事のトラブル、
過労などでストレスがたまると、自律神経の働きが乱れます。

自律神経は、呼吸や体温、血管、内臓の働きを
コントロールしているので、それが乱れると、
血行が悪くなり疲労が蓄積されます。

その結果、腰椎椎間板ヘルニアが
起きやすい状態になる場合があります。
5.腰椎椎間板ヘルニアの豆知識



「一年前の痛みシビレがウソのようです」  知地 優子 様

一年前から腰が痛く左足にシビレがでました。

その都度、整形外科へ通院、少し良くなる程度、この繰り返しでした。
症状も段々悪化し、年明けには寝返りはできず、台所仕事も
10分として立てず、短距離の犬の散歩も、私が休み休みの状態。

常にシビレ、痛みに悩まされ整形外科・整体に通ったけれどもダメでした。
諦めていた時、こちらの新聞記事をみつけました。

通い始めは、正直、「この施術で・・・?」と思いましたが、毎日通ううちに、
良くなっていくのがわかりました。

先生方の「諦めないでください。必ず良くなります!」の
言葉を信じ通院し、今では腰の痛み、シビレが出ることはありません。

日常生活も支障がなく、犬のペースでの散歩も大丈夫です。

諦めず通って本当に良かったです。

痛み・シビレで悩んでいた時がウソのようです。

本当にありがとうございました。

「足のシビレが消失しました!」  千葉県八千代市 金子 孝子 様

6年前に椎間板ヘルニアでレーザー手術を受けて、
下半身全体にズーンと重い鈍痛が続きました。

更に4年前からは、右足の人差し指と中指の間に
シビレも出るようになり、辛い痛みとシビレを抱えたまま
毎日我慢して仕事をしてきました。

どこの治療院に行ってもよくならなかったので、
半ばあきらめの気持ちも強くなっていました。

初めて東葉さんの施術を受けたとき、
今までの整体と違うやり方に、
「これで本当に良くなるの?」と疑問に思いました。

それが一週間続けていくうちに
あれほどどこへ行っても変化がなかった
シビレが弱くなり、やがて消失しました!
本当に驚きです。


「仕事に復帰できました!」 千葉県 かごたに 様

私は10数年介護の仕事をしてきましたが、先月歩けなく
なる程の激痛がありヘルニアと診断されました。

介護の仕事はあきらめるしかないと思っていましたが、
特にやりたい事もなく、とりあえず腰を治そうと思い」
ここにきました。

正直、治療中は、こんなんで良くなるのか?と思って
いましたが、終わってみると、あら不思議!?
痛みがとれてるじゃないですかっ!!

数日間通い、徐々に良くなり、今では何事もなかった
かのように仕事をしています。

これからも介護を続けていきたいので、痛くなったら
またお願いします。もし、腰痛になってもここがあるので
安心して仕事ができます。本当にありがとうございました。




■ぎっくり腰


原因:重いものを持ったときなどの、腰椎捻挫、椎間関接の捻挫によって痛みがでる。

症状:腰痛(突然、急激な痛み)


■筋・筋膜性腰痛(きん・きんまくせいようつう)

原因:腰部の筋や筋膜が損傷を受けたり、過度に疲労しているため痛みがでる。
    筋肉の異常な緊張による循環障害や疲労物質の蓄積によって、
    徐々に慢性化する。

症状:腰痛(朝起きた時痛みがでるが、そのうちなくなる)


■脊椎分離症(せきついぶんりしょう)

原因:脊椎の一部が骨折(疲労骨折)して離れる。
    あまり激しい痛みを伴わない事が多い。
    骨格の未発達な成長期に起きやすい。

症状 腰痛(腰が重い、ときどき腰が強く痛む)


■脊椎分離すべり症

原因:分離から進行した分離すべり症。
    脊椎が前後にずれてしまい、ずれた椎体が神経を圧迫するために
    痛みや痺れがでる。

症状:腰痛、坐骨神経痛、他の原因との合併症も考えられる。


■腰部変形性脊椎症(ようぶへんけいせいせきついしょう)

原因:姿勢の悪さや加齢などで椎間板が薄くなり、腰椎がとげのように
    変形するため、神経を圧迫し痛みがでる。

症状:腰痛(腰が重い、だるい。朝起きたときなど、動き始めた時に痛みがでる。)


■脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

原因:椎間板へのストレスや疲労によって、馬尾神経が入っている脊柱管が
    狭くなり、神経を圧迫するため痛みがでる。中高年によくみられる。

症状:腰痛(安静時に症状はない、もしくは軽いが、ある程度歩くと下肢に
    痛みや痺れのため、歩けなくなる。休むと症状は改善し、歩き出すと
    再び悪化する。)


   
このような症状でお悩みの方も、お気軽にご相談ください。