スマートフォンサイトへ

正しい立ち方

<体のラインをそろえて立つ>
・まずは体の力を抜いてリラックスした状態で立ちます。
・横から見て耳と肩先を垂直に揃えます。
・その垂直の線が股関節の中央を通過し、膝を抜け
 くるぶしにくるようにします。

<骨に乗る意識を持つ>
・人間は立った時、足で全体重を支えますが、骨格の
 構造上一番安定しているのが、ひざ下から足にかけて
 の内側の太い骨である脛骨と脛骨の下にある距骨に
 なります。
 この骨のライン上に上体を乗せて真っ直ぐ立つ意識が
 重要です。


重心位置が悪いと筋肉に予備緊張が走るので、
 この状態が長く続くと筋肉に疲れが溜まり、腰痛などを引き起こす原因になります。
 また、足が太いのが気になる、O脚などの形が気になるといった人も重心位置が悪く、
 余計な筋肉が付いて体型を崩す原因になります。

*あくまでも一般的な方法を紹介しています、実施においては無理をせず個人の責任の元に
  行ってください。万一不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。