スマートフォンサイトへ

肩・腕の痛みの代表的疾患名と症状

変形性頸椎症(へんけいせいけいついしょう)
原因 姿勢の悪さや加齢などで椎間板が薄くなり、頸椎がとげのように変形するため、神経を圧迫し痛みがでる。
症状 肩こり、首や肩の痛みや痺れ、脱力感、後頭部に痛み
頸部椎間板ヘルニア(けいぶついかんばんへるにあ)
原因 椎間板は、椎骨と椎骨にはさまれた組織で、外側は線維輪、内側は髄核という組織でできている。この髄核が線維輪を突き破って飛び出し、後ろにある神経を圧迫するため痛みがでる。
症状 肩こり、首や肩・腕から指先にかけて痛みや痺れ、下肢の痺れや麻痺
五十肩、四十肩
原因 肩関節周囲炎。老化による疲労で、肩関節の周りに炎症が起き、痛みがでる。
50代を中心に40~60歳代にみられる。
症状 肩関節の周りに、日常生活にも支障をきたす激しい痛み。
腕を持ち上げたり、後方に回す動作に制限。
テニスひじ
原因 上腕骨外上顆炎。テニスを頻繁に行う人や、手先を使う作業の多い人に多くみられる。
筋肉を酷使し、疲労物質が蓄積されると炎症や断裂がおき、痛みがでる。
症状 肘(外側)や腕に痛み・脱力感、手首に力を入れたりそらせたりすると痛み
胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)
原因 なで肩や猫背の人に多く、姿勢の悪さなどで神経や血管が圧迫され痛みがでる。
症状 肩こり、首・肩・腕の痛み、腕や手指の痺れ、重圧感、疲労感、冷え
手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
原因 手首に無理な力を加え続けたり、不自然な位置に固定したまま作業をすると、炎症がおき、神経が圧迫されるため痛みがでる。
パソコンを頻繁に使うなど、手先を使う作業の多い人、糖尿病や肝臓病、リウマチや透析中の人に多くみられる。
症状 手先の痺れ(特に親指や人さし指)、腕や肩に痛みや痺れ,指先の脱力感や知覚障害
肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)
原因 肘の骨折や脱臼といったケガによって、ずれたり変形した骨が神経を圧迫するため痛みがでる。
症状 肘関節の痛み、手のひらや指の痺れ(特に薬指や小指)、指先の知覚障害
後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)
原因 椎骨同士の連なりを補強している靭帯のうちの“後縦靭帯”に、体液に含まれるカルシウム分が付着し、骨のように硬く肥大化してしまい、脊髄や神経根を圧迫するため痛みがでる。
中高年、糖尿病の人に多い。
症状 肩こり、手足の痺れや麻痺
腱鞘炎(けんしょうえん)
原因 手先を使う作業の多い人、ラケットやクラブを力いっぱい握るスポーツ選手などに多く、過度な負担がかかると炎症が起き、腱と腱鞘の滑らかな動きに障害がおきるので痛みがでる。
長時間の歩行などで、足首や膝などの脚に起こる場合もある。
症状 手首や手指、足首、ひざ、足の甲などに痛み(ピリっとした痛み)
ばね指
原因 腱鞘炎の炎症がひどくなり、起きる弾発現象。
中年女性で、手先をよく使う人に多い。
症状 指がひっかかって伸ばせない、曲げられない、
指を屈伸させると、ばね仕掛けのように動く、指の付け根に痛み