スマートフォンサイトへ

産前産後のママ応援整体

~赤ちゃんと一緒にご来院いただけます~

産前
適切なケアでストレスのないプレママライフ
産後
産後の歪みは骨盤から直そう!
妊娠前
授かりやすいカラダにするために

妊娠中だから、 産後すぐだから、 小さいお子さんがいるから・・・
カラダの不調、そのままにしていませんか?

東葉コンディショニングでは、妊娠中から産後、子育て中のママさんのカラダのケアはもちろん、生活背景からお一人お一人に合ったカラダの使い方やストレッチのアドバイスをしていきます。

産前産後に多い、こんな症状でお困りの方必見!!

腰・そけい部・股関節などの痛み、便秘、吐き気、胃の圧迫感、肩こり、疲れ、むくみ、など

「産前産後に痛みが出るのは当たり前の事」と思っていませんか?

いえいえ、そんなことはありません!

『痛みを出さないために最低限気を付けるべきポイントを押さえて、日々カラダのケアができている』

これができれば、不調があっても休めば落ち着く、痛みが出ても回復が早いというカラダに近づけるのです。

私たちはみなさんに、日々大きく、活発になる子供を抱え、「カラダがつらい…」と我慢しながら子育てするのではなく、笑顔で一緒に動けるようになっていただくためのお手伝いをしたいと考えています。

では、具体的にどうすればよいのでしょうか?

産前 ~適切なケアでストレスのないプレママライフ~

妊娠中はカラダにたくさんの変化が起こる時期

妊娠すると、カラダにはたくさんの変化が出てきます
その症状は本当に様々で、驚きの連続です。

そんな中、妊娠中のプレママさんの多くが腰や背中、そけい部、股関節などの痛み、また、むくみや便秘などに悩まされています。

中でも腰痛は、放っておくと妊娠期間中だけでなく出産後にも続いてしまう可能性もあり、甘くみてはいけないもの。

妊娠すると、「リラキシン」というホルモンが分泌され、骨盤をつなぐ靭帯が緩まります。出産に向けて骨盤が開くようになることで、日々大きく成長する赤ちゃんをお腹で育てたり、産まれてくることができるだけの通り道を確保することが可能になるのです。

しかし、最近では基礎的な筋力不足の妊婦さんが多く、リラキシン分泌のために骨盤がゆるみ過ぎてしまい、腰痛や股関節痛などがおこりやすくなっているのです。

また、お腹が大きくなると、立った時に腰を反らしてバランスをとりがちです。すると腰痛や猫背、息苦しさなどの不快症状がでたり、また赤ちゃんの成長を阻害する原因の一つにもなりかねません。

実際当院には、極端に腰が反った「出っ尻」の状態である方や、筋力不足から大きくなるお腹を支えきれず、骨盤がゆるみ過ぎてしまい、痛みやつらさを訴える方が大勢来院されています。

けれどもこのような不快症状があっても、 プレママの多くは「妊娠中」ということで、マッサージ等を断られたり、薬を服用することに抵抗を感じる方が多いのが現状です。

その結果、つらくても我慢するしかなく、赤ちゃんがお腹にいる限られた期間をつらい思いで過ごす方も少なくありません。

当院では、妊婦さんはもちろん、生まれたての赤ちゃんから骨粗鬆症をお持ちのご年配の方まで対応できる優しい施術で、妊娠中の腰痛や股関節痛をはじめとする、妊婦さん特有の不快な症状に対応していきます。

またお腹が大きくなるとそれだけで苦しかったり、痛みで寝返りができない、など、様々な制限が出てきますが、どんな姿勢でも施術を受けられますので、「うつ伏せになれないから・・・」などと不安になる必要もありません。

妊娠中に大きく動く骨盤を調整することで腰痛が緩和することも考えられますし、重くなったお腹を支えるために緊張した全身の筋肉をゆったり緩めることで、ツワリの軽減効果も期待できます。

骨盤の歪みは早産や難産に繋がる!?

産後の骨盤の歪みについては皆さんが気にするところなのですが、実は、赤ちゃんがお腹にいるプレママの時期にこそ、きちんと歪みを整えておくことがとても重要なんです。

骨盤に歪みがあると、当然、その中にある内臓(子宮)は正しい場所に位置することができず、内臓(子宮)にも歪みが出てしまいます。

ちょっと想像してみましょう。
赤ちゃんはお母さんのお腹の中でどんどん育ちます。
歪みのある子宮で育つのは、赤ちゃんが窮屈そうではありませんか?

骨盤に歪みがない状態にしておくのは、赤ちゃんの居心地が 良くなるのはもちろん、出産時のお母さんにとっても大切です。

出産時に赤ちゃんを産むために広がるお母さんの骨盤。
歪みがなく、滑らかに広がっていくのと、歪んでいる状態をギシギシさせながら広げていくのでは、どちらが良い出産を迎えられそうかは、火を見るより明らかですね。

また、腰の反りが強いと骨盤とその内部の子宮は前側に傾くため、子宮の出口付近(子宮頚管)から産道(膣)にかけてが大きな曲り道になってしまうのです。

赤ちゃんは分娩時にカラダを回旋させながら産道を通りますが、産道が曲がっていては、スムーズに進めません。

場合によっては赤ちゃんの頭がお母さんの尾骨に引っかかるなど、思うように分娩が進まなくなってしまう可能性もあるのです!

カラダのケアをすることで、ママと赤ちゃんの安全を守り、快適なプレママライフを送るために、妊娠中の今こそ、からだのバランスを見直してみましょう!

BodyCareMagazine

妊活中の方や、産前産後のカラダのケア・ストレッチ方法など、健康お役立ち情報満載。
是非ご覧くださいね。

産後 ~産後の歪みは骨盤から直そう!~

産後のママのからだはどうなっているの?

産後、妊婦でなくなったからといって、妊娠中にあった不調がなくなるとは限りません。

おなかの大きさ、重さから解放されたとはいえ、産後は「抱っこ」という形でカラダへの負担は継続されます。

産後、ママの生活は赤ちゃん中心のものとなり、重たい抱っこや3時間ごとの慣れない姿勢での授乳が続きます。
授乳中は、赤ちゃんが小さければ小さい程、カラダを丸める姿勢になってしまいます。

背中を丸めた、いわゆる「猫背」の状態で授乳することは、首や肩のコリや腰痛を悪化させ、頭痛やめまいを引き起こす事もあります。

また、この時期起こりやすいトラブルとして腱鞘炎もあげられます。

赤ちゃんを長時間抱っこすることで、足腰への負担や手首の捻じれが生じてしまい、食事の支度や着替えなどの日常生活に支障が出ることもあります。

他にも、睡眠不足からカラダがだるい疲れが取れないなど、不調との戦いは続きます。

産後の忙しい中でこのような痛みや不調が表れてしまうと、赤ちゃんのお世話どころではありません。痛みが強ければ抱っこもできないし、そのことから落ち込んだりイライラしたりと、精神的にも不安定になりやすいです。

また、産後に気になるのは出産時に開いた骨盤

「産後に開いた骨盤をしめる」という話は皆さんもよく耳にしていると思いますし、実際に産後の骨盤矯正用コルセットを使用している方も多いのではないでしょうか。

ただ、ここでも重要なのは、「カラダの状態」です。

骨盤をただしめただけでは、歪みは解消されることなく、そのまま残ってしまいます。
産後は(産後に限らずですが)特に、 「骨盤と全身のバランスを調整」して、その上で骨盤をしめていくことが大切です。

この「調整」の部分を省いてしまうと、歪んだ状態がカラダにクセ付いてしまい、後々痛みや不調になってしまうことが多くあります。

そのために、当院ではプロスポーツ選手も愛用している「リアラインコア」という、骨盤と肋骨の矯正器具を必要に応じて使用し、バランス調整とゆるみ過ぎた骨盤をしめる場合もあります。

ママと赤ちゃんの「今」「未来」のためのカラダケア

赤ちゃんが熱を出したり体調不良でグズグズ・・・。
ママはオロオロ、そしてイライラすることも。

理由が分からないグズりや、初めての赤ちゃんを前にどうしたらよいのかわからないなど、新米ママの悩みは尽きません。

そんなママ自身のストレスコントロールや赤ちゃんへのカラダのケア方法を学ぶ「ゆらはんど」を知っておくことで、子育ての安心材料が1つ増えます。

ゆらはんどで学ぶカラダのケアは、生まれたばかりの赤ちゃんから骨粗鬆症のご年配の方まで、誰にでも対応できますので、この先ずっと生活に役立てることができるのです。

子育ては、まだまだ始まったばかりです。

先の事、と思うかもしれませんが、この先、子どもが大きくなって、ママの手から離れていく時が必ず来ます。

限られた「ママ」としての時間を、充実したものにするために、また、将来の「自分の時間」を楽しめるように、今からココロとカラダのケアをしていきましょう。

家族のためのぬくもりボディセラピー「ゆらはんど」についてはこちらをクリック

BodyCareMagazine
BodyCareMagazine

妊活中の方や、産前産後のカラダのケア・ストレッチ方法など、健康お役立ち情報満載。
是非ご覧くださいね。

妊娠前 ~授かりやすいカラダにするために~

赤ちゃんが欲しい!と思ったら

妊娠を望む方にまず考えていただきたいのは、「今、カラダはどんな状態?」ということです。

赤ちゃんを産むために一番必要なのは、何よりも『母体の健康』です。

月経不順や生理痛・PMS(月経前症候群)のような決定的な不調以外に、冷え性、肩こり、疲れやすい等のトラブルを抱えていませんか?

これらの多くはカラダの歪みから発生した全身の血行不良や内臓の圧迫などから引き起こされます。

カラダに歪みがある状態では、当然、子宮を含めた内臓にも負担がかかるということなので、場合によってはなかなか妊娠できない、ということもあるでしょう。

カラダのバランスを整え、代謝を上げていくようにすることが非常に重要になります。

施術でカラダの外側から不調を整えるアプローチをすると同時に、悪玉活性酸素を無害化させる水素水や、カラダの組織や臓器の細胞構成を促すケイ素のサプリメントを摂ることで、カラダの内側から赤ちゃんを迎える準備をすることも大切です。

子宮は、赤ちゃんが生まれてくるまで包まれる「お布団」ですから、用意するのはセンベイ布団ではなく、干したてフワフワの、気持ちの良いものにしてあげましょう!

BodyCareMagazine

妊活中の方や、産前産後のカラダのケア・ストレッチ方法など、健康お役立ち情報満載。
是非ご覧くださいね。

東葉コンディショニングでの施術

ひとりひとりの状態に合わせた施術をおこないます。

まず・・・
「今、何がツライですか?」
妊娠中のツワリ、産後の肩こりや腰痛など、あなたがお困りの痛みや不調、お悩みをしっかり伺います。

次に・・・
「今、こんな状態です。」
カラダの状態を説明します。妊娠中の大きなお腹がカラダ全体に与える影響、産後の骨盤の開きや歪みの状態を把握し、説明します。
それぞれの状態に合わせて負担のないようにコリをほぐし、骨のズレやねじれを戻すことで、全身の骨格を整えます。

最後に・・・
妊娠中に気を付けたい姿勢や、カラダに負担の少ない抱っこや授乳、おむつ替えの方法を指導など、日常生活で気を付けるべき育児のポイントやストレッチなどをアドバイスします。

◎赤ちゃんと一緒にご来院頂けます!

ママが一番カラダのケアを必要としている時期は、ママが一番忙しい時期でもあります。

当院では、「子どもを預けられないから来院できない」という方のために、お子さんと一緒にご来院いただけるようにしています。

赤ちゃんとご一緒の来院をご希望の方は、ご予約の際にご相談ください。

著者プロフィール

福嶋靖子

「家事や育児疲れで困っているママさん達の力になりたい」という想いで、自身の育児経験と整体師としてのノウハウを活かした施術やアドバイスは、ママさん達から熱い支持を受けている。2児の母。