0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時
0120-86-62620120-86-6262
電話受付時間 平日10時~20時、土日9時~18時

腰椎分離症・腰椎すべり症改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

10代の若者の場合・・・

  • 腰痛が酷く休学している
  • 腰痛でスポーツを思い切り出来ない
  • 整形外科で腰椎分離症と診断され、部活を止められている

 

60代以上の年配者の場合・・・

  • 60歳を過ぎて急に歩けなくなった
  • ベットや布団から起き上がる時に痛む
  • 立ったり歩いたりすると足やお尻に痛みやシビレが出る

 

 

こういった症状に思い当たる方は、この後もお読みください。

 

腰椎分離症・腰椎すべり症とは

では最初に、腰椎分離症・腰椎すべり症とは、どういうものかについてです。

若年者の場合、成長期に腰部を繰り返し伸ばしたり、ひねったりの動作が多いスポーツをしている方に多く発症します。一般の人で5%程度、スポーツ選手では30~40%の人が腰椎分離症と言われており、特に同一方向に身体を使う野球やサッカー選手は注意が必要です。

この腰椎すべり症には、もう一つ年配の方がなる「腰椎変性すべり症」というものがあります。「腰椎分離すべり症」が椎体と椎弓が離れて滑ってしまうのに対し、「腰椎変性すべり症」は椎体と椎弓が分離していないのに、椎骨を支持している靭帯、椎間板、椎間関節などに緩みが生じ、椎骨を支えきれなくなって滑ってしまう状態です。

中年以降の女性に圧倒的に多く、第4腰椎に起こることがほとんどです。

腰椎分離症・腰椎すべり症は男女比 2:1 で男性に多く、腰椎変性すべり症は男女比 1:3 で女性に多いというデータがあります。
若年層と年配層で男女比が逆転するのは、元々女性にでっ尻(腰が過伸展している状態)が多いことに加え、加齢により腰椎を支える筋力が弱くなるからだと考えられます。

腰椎すべり症の特徴の一つに、立ち上がり動作で腰が痛むというものがあります。これは、腰椎が身体の前側にズレている状態に、さらに伸展動作が加わることで起こる痛みです。

ところで、整形外科に行くと、お医者さんに「腰椎分離症・腰椎すべり症は治らない」と言われたという方が多くいます。お医者さんのこの発言の裏には、腰椎分離症・腰椎すべり症は、分離してしまった骨がくっついて元の状態に戻ることはないという意味が含まれています。

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

 

東葉コンディショニングには、

「この慢性的なツラい腰痛をなんとかして欲しい」

「病院で手術を勧められたが、不安で踏み切れない。手術ではない方法を試してみたい」

「何ヶ月も病院で保存治療をしているが、あまり効果を感じない。他の治療も試してみたい」

「色々な治療院に行ったがなかなか治らない、なんとかして欲しい」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

 

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの腰椎分離症や腰椎すべり症の方が改善するのか?

 

東葉コンディショニングの腰椎分離症・腰椎すべり症施術

東葉コンディショニングの腰椎分離症・腰椎すべり症に対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

 

東葉コンディショニングでは、病院のように症状が出ている腰ばかりを診ているだけでは、不十分だと考えます。

腰椎分離症や腰椎すべり症による痛み・しびれを根本的に解消するには、腰への実際に掛かっている負担を減らす必要があります。

 

カラダ全体の歪みから改善

そのため、東葉コンディショニングでは、カラダ全体の歪みを治し、バランスを整え、圧迫された腰椎をストレッチしていくことを主眼に置いて、整体施術をします。下肢アライメント(足部、足首、膝、股関節の配列)や骨盤や胸郭、背骨など一つ一つ丁寧に歪みを整えていきます。

カラダ全体のバランスが取れるようになると、骨盤や腰椎が正しい位置に安定します。その結果、関節や筋肉への過度な負担が減り、血液やリンパの流れが良くなり、自然治癒力を高め症状を改善させていきます。

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底した腰椎分離症や腰椎すべり症施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • カラダ全体のバランス調整
  • 生理湾曲の形成、骨盤、腰椎の動き改善
  • 腰部筋肉群へのアプローチ
  • 仙腸関節の可動改善
  • 胸郭可動調整
  • 下肢アライメント調整
  • 股関節と腰部・胸郭の運動連鎖改善

などで、腰椎分離症や腰椎すべり症になる原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている腰椎分離症や腰椎すべり症による痛み・しびれを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

脊柱の生理湾曲の正常化

脊柱の生理弯曲の正常化

 

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

仙腸関節可動調整

骨盤は真ん中に位置する仙骨と両側に位置する腸骨とで構成されています。この仙骨と腸骨の間の関節を仙腸関節と呼びます。

仙腸関節は、0.5~2ミリ程のわずかな動きしかしませんが、上半身からの荷重を支え、歩く、走る、座る動作などの時に使われる重要な関節になります。この関節の動きが悪くなると、腰痛を始め様々な疾患の原因になってきますので、当院では骨盤調整とともに、仙腸関節の可動調整を重点的におこない症状改善を図ります。

整体施術では、うつ伏せのまま膝を曲げて、軽く内側に倒し仙骨に手の平を当て固定したまま息を吸ってもらいます。息を吐くタイミングで固定した仙骨を軽く揺らすことで、仙骨と腸骨のわずかな隙間の動きを出せるように調整を行います。

腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整

骨盤、背骨の動き改善

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

足部調整

うつぶせで足部の調整を行い、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つを形成します。足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

下肢アライメント調整

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

腰椎椎間板調整(腰椎椎間板ストレッチ手法)

正座をしてもらい、腰の下付近にある仙骨を手で固定し施術します。正座の姿勢から上体をゆっくり前方に倒していくことで、背骨がストレッチされ、さらに仙腸関節の可動が調整されます。

背骨と背骨の間で、衝撃吸収材の役割をしている椎間板に掛かる過度な負荷を軽減させます。

 

腰椎分離症・腰椎すべり症の症状を改善させるポイントは4つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで腰部への過度な負担をなくす。
  2. 腰椎に掛かる負荷を減らすため、背骨全体でカラダを支えられるよう生理弯曲を作る。
  3. 疲労がたまり固まった筋肉、動きが悪くなった関節を正常な状態に戻していく。
  4. 腰椎に負担の掛かる運動動作を改善する。

というステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

腰椎分離症・すべり症の症例

骨粗鬆症の70代でも安心して受けられる優しい整体です

70代女性 千葉県八千代市 Sさん

1カ月前から右側臀部の痛みに加え、右足にシビレが出たため整形外科を受診。レントゲンで腰椎5番の腰椎変性すべり症と診断されました。

去年の8月に骨粗鬆症の影響で、腰椎が圧迫骨折したことがあり、骨は弱くなってきていました。

高齢で骨粗鬆症もあるため、病院ではコルセットの着用と、痛み止めの処方のみで様子をみることになりました。しかし、本人がとても苦しそうな様子だったため、娘さんが東葉コンディショニングに連れて来られました。

日常生活で特に困っていたのが、椅子からの立ち座りの動作です。

力が加わると痛むのが、腰椎すべり症の特徴でもあります。
1回目の施術では、左右に歪みが大きかった背骨の調整を行いました。施術後、来院時にあったイスからの立ち座りの痛みがなくなりました。

2回目来院時には、立ち座りの痛みが戻っていました。長い期間、コルセットをしていると、体を支える筋肉や骨が弱くなり、歪みが戻りやすいからだになります。Sさんの場合、骨粗鬆症もあったので余計に歪みやすいカラダになっていましたが、施術に加え椅子からの立ち上がり方や座り姿勢、立ち姿勢のポイントもアドバイスを行ったことで、10回目までに動作時の痛みの8割が出ない状態になりました。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

腰椎分離症でも手術を選ばなかった野球選手

10代男性 千葉県八千代市 Kさん

Kさんは小さいころから野球をし、中学までは、エースで4番として活躍してきました。高校に入るとレベルが上がり、練習も中学時代とは比べ物にならないくらいハードになりました。

高校1年の夏合宿での出来事です。シートノックの練習中に、腰を屈めた時に激しい腰の痛みから、その場で崩れ落ちてしまいました。直ぐに医務室に運ばれましたが、痛みが激しかったためそのまま病院へ搬送されました。

病院では、腰椎分離症と診断され、最低でも1カ月は絶対安静と言われました。部活への復帰には、その後のリハビリも合わせると3カ月から半年は時間が掛かるということでした。更に、それでも元の通り野球が出来るようになるかは、分からないと言われてしまったのです。

どうしても野球を続けたかったKさんは、病院で言われた通り1カ月間安静にして過ごしました。ところが、その後整形外科でリハビリをしても、痛みの多くが残っており、とても野球に復帰できるレベルまで良くはなりませんでした。そんな時、野球部の先輩から聞いて、野球をしながら腰椎分離症の痛みを取ってくれる整体院があるよと言われ、東葉コンディショニングに来院されました。

腰椎分離症の場合、強い施術は出来ません。優しい施術で、背骨を整えるだけでなく、一つ一つの腰椎に確実にアプローチして、関節に動きをつけるように整体施術を行っていきました。とにかく部活への復帰を急いでいたという事情も考慮し、2週間続けて整体施術を行ったところ、上体だけを使った軽いキャッチボールが出来るまでに回復しました。

その後も新しい動きが痛みなく出来るか確認をしながら通院を継続。1カ月後には80%くらいの力で、痛みが無い状態で練習することが出来るようになりました。2か月後には、シートノック練習でも100%の力でプレイできるようになりました。

現在も、再発予防の為に週に1度整体施術を行っています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

自分でできる腰椎椎間板ヘルニア改善・予防エクササイズ

腰椎椎間板ヘルニアの方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

 

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

シムス位エクササイズ

<効果>

  • 背骨の土台になる骨盤を整える
  • 首、肩こりの緩和
  • 猫背の矯正

骨盤コロコロストレッチ

<効果>

  • 骨盤の歪み調整
  • 股関節の可動域改善
  • 腰、股関節の連動向上

 

腰椎分離症・腰椎すべり症の豆知識

腰椎分離症はなぜ成長期に多いの?

A. 部活やスポーツが盛んな10代に多い腰椎分離症・・・

特に、「野球」「テニス」「サッカー」「バレーボール」「ゴルフ」などの片側だけの動きや、後ろに反る動作を繰り返し行う競技で多く見られます。

偏った体の使い方から、骨格の歪み・筋肉の過緊張が起こり、腰椎に過度な負荷をかけ続けてしまい、腰椎分離症を引き起こしやすい身体を作ってしまいます。

早期に発見できた場合でも、スポーツを継続したいがために、一定期間運動を中止し治療に専念することが難しく、症状を悪化させてしまう事が多いです。腰椎分離症になったら体の歪みを定期的に整えることと、過度な負荷が掛からない身体の使い方を覚えることが大切です。

ご年配の方に多い腰椎すべり症・・なんで??

A. 

①「骨の変形や変性」

②「筋力の低下」

③「筋肉の疲労」 

加齢による骨密度低下や筋力低下によって、身体が支えられなくなり腰に負担の掛かる傾いた姿勢になってしまう方が多いのです。

その結果、過度な負荷による骨の変形や腰周りの筋疲労が蓄積し、腰椎すべり症を起こしやすくなってしまうのです。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」

来院される方の症状を1日も早く解消するために考え抜かれた、「他とは違う東葉コンディショニングの症状改善プログラム5つの特徴」をご紹介します。

1.通常の整体とは全く違う施術をします

当店では通常の整体やマッサージとは違い、ポキポキしたり、揉んだり、押したり、叩いたりはしません。

当院では、ゆらゆら優しい刺激で脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液などの循環を改善していきます。

人間には、600もの筋肉があるといわれ、浅い層の触れる筋肉「表層筋」と触ることができない深い層の「深層筋」があります。

コリや疲労や「表層筋/深層筋」どちらにも築成されていますが、「触れる筋肉」を揉みほぐし続けても、その下にある「深層近」に及ぼす効果が少ないです。

「なかなか疲れやコリがとれない、マッサージを受けてもすぐ戻る」という方は、深層筋に原因がある可能性があります。

当院の施術では、ゆらゆら揺らしながら脳に安心を与え、カラダの芯からゆるめ、血液やリンパ液の流れを改善し筋肉を健康な状態にしていきます。

 

2.痛みの原因を取り除いていく根本療法

「痛いと感じる場所」と「痛みを作り出している場所」は違います。

当院では痛みを作り出している原因を見極め、取り除く根本療法を行います。

マッサージ・湿布・電気療法と違い、痛みの出ている箇所(結果)を取るのではなく、痛みを作り出している原因(根本)を取り除く根本療法です。

姿勢診断システム「ボディコンシェルジュ」はカラダのゆがみやねじれを測定し、立体的にカラダの状態を映し出します。

口頭で「姿勢が悪い」「カラダがゆがんでいる」等と言われても中々ピンときませんが、画像で見ると自分のカラダの状態がよくわかります。

当院では、ボディコンシェルジュを用いて、今のカラダのバランス状態をしっかりと明確にし、慢性的な症状の原因を把握します。

個々の状態に合わせた自己ストレッチ、トレーニング及び日頃の姿勢の改善ポイントをアドバイスしていきます。

 

3.当院独自のストレット等のアドバイス

当院では、整体施術に加え、当院独自のストレッチ等もアドバイスいたします。

当院では、症状を早く改善するために、又、再発予防のために整体だけではなく、正しいカラダの使い方、自己ストレッチ、呼吸法、入浴や睡眠、感情のコントロール方法などトータル的にアドバイスします。

慢性的な症状の原因のほとんどは、その方の生活習慣の中にあります。

整体を受けて一時的に体調が回復しても。悪い習慣を改善していかない限り、症状が再発する可能性は高くなります。

当院では、来院された方々がつらい症状を1日も早く解消し、健康的に楽しく日々生活ができるように願っております。

そのためにトータル的なアドバイスを積極的に行います。

 

 

4.施術は短時間

当院では、短時間の施術で改善効果を出します。

当院の施術時間は1回20〜30分です。

人間の体は扇風機の弱い風でも長時間あたっていると負担になり、だるさなどの疲労が出ます。
カラダにかかる負担を最小限に抑え、出来るだけ短時間で回結果を出すという考え方で施術を行っています。

尚、重症な方や全身に渡って広範囲に症状があり、1回の施術では対応が難しい方、遠方から来院される方には、休憩時間を挟んで1日に2回施術をオススメする場合もあります。

 

5.整体記録ノート

当院では、整体記録ノートをお渡ししています。

来院者さんと施術者が相互にカラダの状態を理解し、症状回復に向け取り組んでいくために、毎回施術内容と症状の変化を記した「整体記録ノート」をお渡ししています。

皆様のつらい症状を1日も早く解消し、健康に楽しく日々生活ができるように症状改善に向け一緒に取り組んでいきましょう。

 

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

腰椎分離症・腰椎すべり症とは?

 

椎間板のついている前方部分を椎体と呼び、後方の椎間関節のついている部分を椎弓と呼びます。椎体と椎弓の間には椎弓根があります。

この椎体と椎弓が分離し、骨折してしまった状態を「腰椎分離症」といいます。ほとんどが学生時代にスポーツなどで、長期間繰り返し腰椎部分に過度な負荷を掛けてしまったため「疲労骨折」を起こしたものです。

腰椎分離すべり症は、腰椎分離症が進行し椎体自体が不安定になり、椎体が椎弓を残して前方に滑ってしまった状態を言います。

 

腰椎分離症・腰椎すべり症の症状

腰痛

慢性腰痛になり、腰の周囲に鈍痛が生じます。長時間にわたって立ち続けたり、同じ姿勢で座っていたり、歩き続けたり、重労働をすると、痛みがひどくなります。

下肢の痛み、しびれ

腰椎すべり症が起こると、椎骨が滑ることで、脊柱管(神経の通り道)が狭くなり神経を圧迫して、腰痛や下肢痛、しびれが生じます。

この部分は腰椎から下肢に向かう坐骨神経が出ているため、お尻、太もも、膝の後ろ、ふくらはぎなど、坐骨神経に沿って痛みやしびれが起こります。

間欠性跛行

椎体の後方には神経の通っている脊柱管があります。椎体の滑りが大きくなると、脊柱管が狭窄され、神経を圧迫することがあります。

そうすれば、脊柱管狭窄症の症状の特徴である間欠性跛行が起こります。間欠性跛行は、ある程度の距離を歩くと脚が動かなくなり、座って休んでいると、また歩けるようになる症状です。立っていると脊椎のずれが大きくなって神経が圧迫されますが、座ると圧迫が緩むため、また歩けるようになるのです。また、間欠性跛行に伴って「会陰部の不快感、膀胱障害、直腸障害」などが現れることもあります。

脊柱の変形

腰椎にはもともと生理的な前弯がありますが、腰椎すべり症になると椎骨が前方にすべるため、反りが強くなり脊柱が変形してしまうこともあります。

 

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

腰椎分離症・腰椎すべり症に対する東葉コンディショニングの施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ