スマートフォンサイトへ

腰痛の代表的な疾患名と特徴

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)
原因 椎間板は、椎骨と椎骨にはさまれた組織で、外側は線維輪、内側は髄核という
組織でできている。
この髄核が線維輪を突き破って飛び出し、後ろにある神経を圧迫するため痛みがでる。
若い人に多い。
症状 腰痛、坐骨神経痛、筋力低下、触覚障害、反射の異常
ぎっくり腰
原因 重いものを持ったときなどの、腰椎捻挫、椎間関接の捻挫によって痛みがでる。
症状 腰痛(突然、急激な痛み)
筋・筋膜性腰痛(きん・きんまくせいようつう)
原因 腰部の筋や筋膜が損傷を受けたり、過度に疲労しているため痛みがでる。
筋肉の異常な緊張による循環障害や疲労物質の蓄積によって、
徐々に慢性化する。
症状 腰痛(朝起きた時痛みがでるが、そのうちなくなる)
脊椎分離症(せきついぶんりしょう)
原因 脊椎の一部が骨折(疲労骨折)して離れる。
あまり激しい痛みを伴わない事が多い。
骨格の未発達な成長期に起きやすい。
症状 腰痛(腰が重い、ときどき腰が強く痛む)
脊椎分離すべり症
原因 分離から進行した分離すべり症。
脊椎が前後にずれてしまい、ずれた椎体が神経を圧迫するために痛みや痺れがでる。
症状 腰痛、坐骨神経痛、
他の原因との合併症も考えられる。
腰部変形性脊椎症(ようぶへんけいせいせきついしょう)
原因 姿勢の悪さや加齢などで椎間板が薄くなり、腰椎がとげのように変形するため、
神経を圧迫し痛みがでる。
症状 腰痛(腰が重い、だるい。朝起きたときなど、動き始めた時に痛みがでる。)
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
原因 椎間板へのストレスや疲労によって、馬尾神経が入っている脊柱管が狭くなり、
神経を圧迫するため痛みがでる。
中高年によくみられる。
症状 腰痛(安静時に症状はない、もしくは軽いが、ある程度歩くと下肢に痛みや痺れのため、
歩けなくなる。休むと症状は改善し、歩き出すと再び悪化する。)